対策を知るべき

友人が抱えた時の対策

うつ病と接し方の関連性は、非常に重要な問題として無視できません。 当事者にとって苦しい状態にある中で、周りが何も知らずに対応をすることで、本人の精神をさらに痛めつけてしまうことはよくあることです。 ここで問題になるのは、周りの人も悪意があって傷めつけるようなことを言っているわけではない、ということです。 むしろ、周りの人は今までの本人のことを知っているからこそ、何とかしたい一心で真摯に対応していることも少なくありません。 ですが、その対応もうつ病の接し方として間違っていれば、何らプラスになることはありません。 友人がうつ病を抱えることはいつ起こってもおかしくありません。ですから、その時の対策として正しい対応を学んでおくこと、積極的に学んでいくこと、それが重要です。

頑張らなくていい事実

うつ病の人との接し方で鍵になる要素は、頑張らなくていい事実をいかにして伝えるか、という点にあります。 多くのうつ病患者は、つい頑張りすぎてしまう性格から自分を追い詰めてしまいやすい傾向にあります。ですが、まわりはついつい「頑張れ」と励ましてしまいやすいです。 健全な精神状態の相手なら、頑張るように後押しすることが良い成果をあげられる事が多いからこそ、うつ病患者にたいしてもついつい頑張るように応援してしまうのが、人の心理です。 そこで、うつ病に悩む人には、頑張らなくていいんだよ、と伝えるような接し方を意図的にすることが効果的だといわれています。 休んでもいいということ、完璧を目指さなくていいということ、そういった言葉かけが、うつ病の心を救います。