理解することも重要

うつ病について理解する

現代は、ストレス社会が深刻化していて精神的な病にかかる人が増えてきているといわれています。心療内科や精神科などの患者数もそれに伴い増加しています。 心の病気の代表的な「うつ病」について日本における生涯有病率は、6、3パーセントとも言われ約16人に1人が該当しています。 うつ病の原因としては、現在のところでは脳の神経伝達物質の減少により起こるものとされています。その減少の背景には、過度のストレスや精神的、肉体的な疲労によるものです。この病気は、誰もがかかる可能性があります。 最近では、うつ病が世間的にも知られるようになり、この病気に関する知識も知られるようになりました。また、うつ病への接し方なども徐々に知られるようになりました。

この病気への接し方とは

うつ病への接し方には、知っておかなければならない重要なこともあります。何気ない言葉や接し方により、患者さん本人はもっと深い傷を負ってしまうことも大いにあるのです。 この病気の患者さんは、意欲がなくなり憂うつ感や悲壮感などネガティブな思いが強くなり、最後には死への思いを持ちます。通常であれば励ます接し方をしますが、この患者さんにはタブーであり十分な注意が必要となります。 接し方でしてはいけないことは、励ますこと、解決しようとすること、わかったふりをすること、患者さんを責めるようなことです。これらは、逆効果であるばかりか、追い詰めてしまう結果を招きます。 うつ病への接し方としては、慎重な対応や冷静な対応が求められる事を理解することが必要です。 また、少しでも不安を感じた時には早期に専門医へ診療することが重要です。