周りの理解が大切

うつ病治療には周囲の理解が必要です

もしも、あなたの身近な人が、うつ病になってしまったら、あなたはその人にどのような言葉をかけ、どのような接し方をしたら良いのでしょうか。 うつ病の症状は、意欲の低下や睡眠障害、憂鬱感や悲壮感、集中力や思考力の低下など様々ですが、中には絶望感や希死観念などの危険な症状もあります。うつ病患者の自殺は、うつのどん底ではなくその前後に起こりやすいとも言われており、周囲の人の慎重な対応が求められます。 うつ病の治療は日々進歩しており、安全で効果の高い薬も開発されています。適切な治療を受けることで、治すことのできる病気です。しかし、どんな名医に診てもらっても、どんな良い薬を処方されても、それだけでは本当の健康は得られません。周囲の人の理解や援助、そして適切な接し方が必要なのです。

どのような接し方をしたら良いのでしょうか

うつ病では、やる気が失われて仕事や勉強が手につかない、趣味や好きなことにすら関心がわかないといった症状が現れます。しかしこれは、その人の性格や心の弱さなどではなく、病気の症状です。人が変わってしまったのではなく、病気が治れば症状も消えるのです。悩みを否定したり、不用意に説教や反論をしないようにしましょう。責めるような言葉や接し方は、その人を追い詰めて症状を悪化させてしまいます。 励ましや叱咤激励も、うつ病の人がかえって自分を責めるきっかけになってしまいます。希望を与え、不安を和らげるような言葉かけが必要です。 また、重要な決断を迫ることも避けた方が良いでしょう。うつ病の症状が強い状態では思考力や判断力が鈍っており、その時の決断を後から後悔するケースが多いからです。 周囲の人がうつ病を理解し、適切な接し方をすることが、治療には何より大切なのです。